退職 勧奨を断るには?

リストラ対策ガイド > リストラを知る! > 退職 勧奨を断るには?

会社を辞めたくないなら退職 勧奨を断ろう

もし自分が会社の上司に「会社を辞めてくれないか?」などと退職 勧奨を受けたとします、その時の対応方法ですが、基本的に会社を辞めるか辞めないかはその人の自由です。

「会社を辞めてくれないか?」などと言われたからといって素直に退職勧奨に応じる必要はないし、退職する考えが全くないなら退職勧奨の話し合いを断ることもできます。

退職 勧奨でひどい目に合わされたらこうしよう!

退職 勧奨も穏やかな話し合いで終わればいいのですが、ひどい会社になると「退職勧奨」どころか無理やりどうにかして辞めさせようとする会社もあります。

聞いた話ですが、会社の会議室に呼ばれたと思ったら数人の人間から「やめちまえ」とか「お前なんか会社にいらねぇんだ!」と怒鳴られて辞めさせようとしたり、自分が会社に必要ない理由をレポート用紙に書かせて何回も提出させたりと考えられないような事も現実にあるみたいです。

こんなことされたら誰だって会社が嫌になって辞めるしかなくなるでしょう。だけどやっぱり「家族もいるし」とかの理由で会社を辞めたくない人もいると思います、そんな人のために対応策があるので教えます。

強引な退職 勧奨を断るための方法

しつこく退職を迫られた場合、まずは退職を迫られた日時や場所、何を言われたかをメモして保存しておきましょう、あとこっそりとICレコーダーとかで録音しておくのもいい方法です、こうする事で後々証拠として残しておきます。

その後しつこく退職を迫って来るようだったら弁護士さんに相談して警告書や退職を拒否する内容の書類を会社に送ってもらいましょう。

普通ならここまですれば退職を迫っては来なくなるはずでなんですが、中にはそんなことおかまいなしって感じでしつこい会社もあるみたいです、そんな時は裁判の手続きをして退職の強要をやめさせる申立をしたり精神的苦痛を受けたのを理由に慰謝料を請求する裁判を起こすことも出来ます。

このときに証拠としてメモややりとりを録音したレコーダーがあると断然有利です。

退職 勧奨を断るには?

リストラを知ろう!

退職になったら!