雇用保険の手続きと内容

リストラ対策ガイド > 保険の手続き! > 雇用保険(失業給付)の手続きと内容

雇用保険(失業給付)の手続き

会社を辞めてしまって再就職先を見つけるまでにお世話になる雇用保険についてですが、まず雇用保険とは働いていた人が失業した時に給付を受ける事ができる保険のことです。

雇用保険には1週間の労働時間が30時間以上の「一般被保険者」と20時間から30時間の「短時間労働被保険者」の2つがあってそれぞれで失業給付を受ける内容がちがいます。

失業給付の内容の違い

失業給付の内容の違いは簡単に言うと失業給付が受けられる日数が違ってきます。

長い期間働いていれば失業給付も長い期間受けられると思ってください。

また自己都合で退職した人・定年退職の人など(一般の受給資格)と解雇や会社の倒産で退職した人(特定受給資格者)でも区別されていて、それぞれ給付される日数が違います。

失業給付がもらえる日数

一般の受給資格者の失業給付日数

失業給付がもらえる日数

特定受給資格者の失業給付日数

解雇や会社の倒産で退職した人

リストラを知ろう!

退職になったら!