健康保険の手続きはこうしましょう!

リストラ対策ガイド > 退職になったら! > 健康保険の手続きはこうしましょう!

退職した後の健康保険

会社を辞めたら今まで使っていた健康保険は使う事ができなくなるので新しく国民健康保険に入るか任意継続被保険者か配偶者などの被扶養者になるかのどれかを選ぶ事になります。

アドバイスとしては給料が高かった人は国民健康保険より任意継続被保険者の保険料が安い場合もあるのでチェックしてみましょう、どうせなら安いほうがいいですから。

健康保険、どれに加入する?

国民健康保険の手続き

国民健康保険に入る場合は最寄の役所に行って国民健康保険を扱っている部署に「健康保険等資格喪失証明書」を提出すれば国民健康保険に加入するための手続きをしてもらう事ができます。

「健康保険等資格喪失証明書」は会社を辞める前に事前にもらう必要があります、健康保険等資格喪失証明書は職場か健康保険組合などでもらう事ができます。

任意継続被保険者の手続き

退職の次の日から20日以内に最寄の社会保険事務所で手続きをしますが、「健康保険任意継続被保険者資格取得証明書」が必要となるので準備しておかないといけません。

「健康保険任意継続被保険者資格取得証明書」は社会保険庁のホームページでデータをダウンロード後印刷して使えます。

ダウンロードのページはこちらです【社会保険庁HP、届書・申請書一覧

この時に被扶養者がいる場合は「健康保険被扶養者(異動)届」という書類も必要となります、この「健康保険被扶養者(異動)届」も上の【社会保険庁HP、届書・申請書一覧】のページからダウンロードできますが、この書類は人によっては一緒に添付しないといけない書類があります、「健康保険被扶養者(異動)届」を提出する人は最寄の社会保険事務所に電話で必要な添付書類は何が必要か?確認してください、その方が確実です。

書類がそろったら社会保険事務所に申請の手続きに行きましょう。

配偶者などの被扶養者になる手続き

配偶者などの被扶養者になれば本人が保険料を払うことなく健康保険を受ける事ができるのですが、これには基準があって年収130万円未満で被保険者の年収の2分の1未満という場合などになります、手続きは被扶養者届けを社会保険事務所に申請します。

ですが失業給付を受けている時は被扶養者になれない決まりになっていたりと何かと不便な所があってあまりオススメできない方法です。

リストラを知ろう!

退職になったら!